365日・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本大震災から2週間経って・・・

<<   作成日時 : 2011/03/26 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

このたびの震災で被災された皆様へ

こころよりお見舞い申し上げます

(ここ茨城も建物や道路など

大なり小なり

かなりの被害がありましたことを

付け加えておきます)



私事ですが

安否を気遣ってメールやコメントをいただきましたこと

本当にありがとうございます

どれだけ心強かったか・・・

(震災直後から電気が復旧するまでの間は

私の携帯の電波は圏外になってしまい

バッテリー切れ・・・

誰とも連絡が取れない状況であったため

ご心配おかけしました)



やっとここへ書くこともできるかな?

そう思いまして

その日の状況を記録として残しておきます



2011年3月11日14時46分

その時、私は職場のビル5階でお客様と電話での応対をしていました

あっ、また揺れてる・・・

始めはそんな感じで揺れにも慌てることなくお客様と話しをしていました

ここ(茨城)は大丈夫・・・っていう過信があったんですね

それが間違っていたと気づいた時には

長引く揺れに尋常ではないと思い

「揺れているので電話を切ります」

立っていられない状況

何事にも動じない性格ではあるが

この時ばかりは怖かった

これまで経験したことのない大きな揺れの中

自分の身は自分で守らなければと

備え付けの防災用ヘルメットをかぶり

デスク下に頭だけ隠して

じっと揺れが収まるのを待っていました


揺れが収まり社内を見渡すと

パソコンのモニターは全部倒れ、キャビネットや袖机が移動して

椅子や机の上にあった物が散乱して足の踏み場もなかったです

停電になっていましたので電話も鳴らずに静まり返っていました

散乱してるのでまずは片づけようと思ってしまった私・・・

(まだ状況もわからずにいたから)

誰かの外に出ようという声で、身支度をしてとりあえず外へ避難

駅前バスターミナルには人が溢れていました

余震も度々あって落下物が危険と言うことで

近くの小学校へ避難の指示があったようなので

避難所まで500メートルくらいの距離

いつの間にか社員は居なくなっていて派遣仲間だけになっていました

(状況が把握出来ない状況のまま放置されていたんだ)

石垣もビルの壁も崩れて道路に落下物が散乱している

向かう途中はガスの臭いがしていた

私が借りている駐車場の上の方の看板が壁と一緒に崩れていた


車は大丈夫なんだろうか・・・

帰れるんだろうか・・・

家族は無事だろうか・・・

家はどうなっているんだろうか・・・

等々・・・

避難所に居た社員や上司から

帰れる人はそのまま帰って良いということでしたので

荷物も持って出たのでそのまま駐車場へ・・・

精算機は動いていないが、車は出せると言うことなので

中は真っ暗・・・停めてあった4Fまで歩いて行ってみた

駐車場の中は無事のようでした

一緒について来てくれた職場の大先輩に

「車は無事なのでこのまま帰ってみる」と告げて・・・

大先輩は事務所に帰ってやはり車で帰宅すると言っていた


その時はこれから先の困難のことは想像も出来なかったのでした

こんな時は車で帰るものではないと

その後に思い知らされるのでした

確か車を出庫したのは15:30くらいだったかな?

それからちょっと走ったところで

もう渋滞が始まっているではありませんか??

停電で信号が止まっていたし、道路の陥没や隆起もあり

1時間経っても2時間経っても数メートルしか動かない

だんだん日が暮れて民家もない場所で

トイレにも行きたくなるし・・・

も〜駄目かも知れないと思った時に

・・・とある駐車場に簡易トイレが

(も〜何でもいい。貸してくれ〜)

・・・ってことでなんとか救われたのでした

(これまた、強運の持ち主)

これで、暫くは何があっても大丈夫だ・・・と気を取り直し。。

車の中で寝る覚悟もついた

(たま〜に動くので寝てる場合ではないです)

そうして家に着いたのは20:30ごろになっていた

家の中は誰も居なくて割れた食器やガラスが散乱していて

あたりは真っ暗闇

みんな何処へ行ったのかもわからないので

2階から毛布を持ってきて車の中で

余震と寒さと孤独の中で夜を明かした


***我が家のライフラインの復旧***

電気は15日に日付が変わった夜中の1時ごろに復旧

プロパンガスはボンベも倒れていなかったのですぐ使用出来る状態

ただ水道の復旧が一番最後まで遅れていて

やっと本日試験送水されて水が出るようになり

家でお風呂と洗濯が出来るようになりました

その間いろんな方に親切にしていただいて

お風呂や洗濯をさせてもらったり

人は人に支えられている

だから私も出来ることを協力して

過ごしていかなければと

思いました

***

まだまだ余震や福島原発の影響など

予断を許さない状況の中不安と緊張の日々は続きますが

「夜明けの来ない夜はないさ・・・」

大好きな曲とともに


皆様の安全と1日も早い復旧を心からお祈り申し上げます




思いついたまま書いていますので

読みにくい文章となっておりますことを

お詫びいたしまして・・・

最後まで読んでいただいた方へ

本当にお疲れ様でした



1階の屋根(3/13撮影)

画像



応急処置した2階屋根

当分このまま(4/16撮影)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはiruさん

大変な事になりましたね
でも無事でなによりでした
相当な困難に遭われたのですね
僕には想像もできません

最近は震災関連のテレビも少なくなってきていますが
気になって仕方ないです

何も出来ませんが
iruさんの
そして被災された方たちの事の
少しでも役に立ちたいと思っています

何かあれば言って下さい
Coo
2011/03/26 17:53
Cooさんへ
まだ記事を再編集していたところでした。
コメント本当に励みになります。

いろんな事があって、その困難をどう乗り越えていけばいいのかと試されているようでした。
こちらは水道が復旧したことでなんとか不便も解消されました。
Cooさんのブログでも震災について募金や支援など紹介されて
お心遣いがきっと皆さんのところへ届くことでしょう。
私は大丈夫ですから
Cooさんもお身体大切にしてください。
大切なブログ仲間の一人ですから、何か困ったことなどありましたら言ってくださいね。
iru
2011/03/26 18:13
iruちゃん、ほんとに大変だったね。
こちらの揺れでも恐くてテーブルの下で揺れのおさまるのを待ってたからiruちゃんはどんなに恐かったことでしょう。
とにかく無事でなによりでした。
今回の地震とは比べ物にならないけど私は東海豪雨を経験して人の優しさとかを感じました。
大変な時に助け合えるって素晴らしいことですね。
まだまだ不自由だと思うけど身体に気をつけて無理しないようにね。
かこ
2011/03/26 22:38
かこちゃんへ
コメントありがとうございます。
そちらの方まで揺れがあったんですね。
本当に大きな地震で怖かったです。
私はいろんな事が重なって仕事を4日間休んでしまったんですけどね。
水戸のライフラインの復旧は早かったので会社は14日から営業してました。
きっと後片付けなどで大変だったと思います。
みんな親切で優しい人たちです。
仕事柄、被災されて大変な人たちの少しでもお役に立てればと微力ながら私もがんばっています。
応援ありがとうございます。
かこちゃんもお身体大切にね!
iru
2011/03/27 11:21
こんにちは、iruさん。
曲ひとつにもiruさんの
色んな想いが詰まってるようで
泣いてしまいます。
みんなの想いも同じひとつだと思います。
あちらこちらで、使われてる言葉ですが
今自分にやれる事をやっていきますね。
ありがとうございます。
poom
2011/03/27 12:09
poomさんへ
この曲を聴くと心癒されます。
近くでなくても遠くからでも
縁あってこうして繋がっていることに感謝です。
いろんな方が心の支えになってくれているってことを実感しています。
そうですね。
今自分に出来ることをやっていけば
それが大きな力になると思います。
また南国の写真見せて下さいね。
私も落ち着いたら写真も撮ってみます。
応援ありがとうございます。
iru
2011/03/27 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
東日本大震災から2週間経って・・・ 365日・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる